小説

小説

封印されていたアストルフォの宝具に俺は弄ばれる ソロルートEXTRA

前編はこちら   俺は今、とてもヤバい。 精液の大井戸で溺れた記憶が、今も続いているかのように。俺にはそれしか見えていない。 もうとっくに、元通りの身長になって何日も経っているのにだ。 口の中いっぱいにあの独特の苦さがあふれる錯覚。 吐きそ...
小説

縮小病になってもエッチしたい

「セックス用義体は初めて?」 「は、はい!これ、本当に女性とプレイできるようになっているんですね!感激です!」 「あら、そんなに喜んでくれるなんて嬉しいわ。でも、私はお姉さんだから、優しく教えてあげるからね」 そう言って、先輩は僕をベッドに...
小説

こんなの、助かった内に入りません -2-

目を覚ますと、屋外にいた。周囲に建物も植樹も見当たらない。地面はサラサラという感じで、灰色の砂が地面に敷かれているようだった。 レナ『お姉ちゃん、無事到着したわね』「レナ・・・?」いつの間にか、ワイヤレスイヤホンを付けさせられていた。レナは...
小説

こんなの、助かった内に入りません -1-

レナ『お姉ちゃん、今どこかな?』 「もしもし・・・電車の中だけど。終電」 レナ『あ、お疲れさまぁ』 「珍しい・・・何の用?」 レナ『何か、変わったことはない?』 「レナの臭いがする」 レナ『あっ、分かる?』 「あんたが私のスマホをこっそり陰...